生理になってしまうと、男女ともにセックスを避けることが多く、性欲が高まっていると落ち込んでしまいますよね。

しかし、

「生理中にセックスがしたい」
「生理中の方がセックスがしたくなる」

という女性もいるのです。

そんなとき、生理中のセックスは、本当に問題がないのかわからず、困っていませんか︖

基本的には、お互いが不快でなければ、生理中でもセックスをしてかまいませんが、さまざまなリスクが伴うので、慎重に判断することが必要なのです。

そこで今回は、生理中にセックスをすることで発生するリスクと、注意点をご紹介します。

お互いのリスクと、セックスをしたい欲望を天秤にかけて、しっかり判断するための参考にしてくださいね。

(※この記事は、2018年3月時点の情報を参考にしています。)

生理中にセックスをすると発生する4つのリスク

たとえどんなに、

「生理中でもセックスしたい」
「生理痛がないからセックスできる」

と思っていても、生理中のセックスは、普段のセックスと違うことを知っておくべきです。

また、自分では大丈夫と思っていても、セックスするときに思わぬトラブルになることもあります。

そこで、発生するリスクを知ったうえで、セックスをするかどうかを決めることが大切なのです。

「血が出ても気にならないから、生理中でもセックスしたい」

と思っている男性も、ぜひ覚えておいてください。

①妊娠する

世間では、

『生理中にセックスしても妊娠しない』

と思っている方が多いです。

そして、生理中ならナマで挿入してもいいと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、その考えは間違いです。

生理中のセックスでも、次の排卵で妊娠するリスクがあります。

妊娠を望まない場合は、必ず避妊をしてください。

また、セックスの刺激で排卵が誘発され、妊娠につながるということもあります。

そのため、生理中でも、かならずコンドームを着用することが大切なのです。

②セックス中に出血する

生理中は、子宮内膜が剥がれ落ちているため、大量の出血があります。

その状態で挿入すると、どうしても刺激により出血してしまうのです。

そして、生理の終わりかけでも、セックスのときのピストン運動が原因で、経血が大量に出ることがあります。

体位を変えるときなども、大量の経血が漏れてしまうリスクがあるのです。

また、ベッドなどのリネンに経血がついてしまうと、汚れがなかなか落ちません。

どうしてもセックスをしたい場合は、下に汚れてもいいタオルを敷いたり、シャワールームでセックスをするなどの配慮が必要になります。

また、

・ラブホテル
・シティホテル
・彼氏の部屋
・カーセックス

など、汚れたときに迷惑をかけてしまう場所でのセックスは避けるようにしましょう。

もちろん、屋外など不潔な場所でのセックスはNGです。

③感染症にかかってしまう

生理中の女性は、普段の状態よりも粘膜が傷つきやすくなっています。

セックス中のわずかな刺激が傷となり、それが原因で感染症になってしまうリスクがあるのです。

また、抵抗力も落ちているため、普段では感染しないような菌に負けてしまい、

・カンジダ膣炎
・クラミジア感染症


などの性病にかかってしまう恐れがあります。

そして、男性が生理中の経血に触れてしまった場合も、そこから感染症にかかってしまうリスクがあるのです。

どうしても生理中にセックスをする場合は、

・お互いを清潔に保つ
・コンドームを着用する


という2つを徹底してください。

④生理痛が増したり女性特有の病気になる

もともと生理痛がある人は、セックスの刺激で、さらに痛みが増してしまうリスクがあります。

セックスをしたことにより、内部が傷つき、出血量が増えてしまう場合もあるのです。

さらに、生理痛を我慢してセックスをすると、

『性的意欲障害』

という、セックスに対する意欲が低下する病気や、

『性交疼痛症』

という、生理中以外のセックスのときも痛みを感じる病気になってしまうこともあります。

こうした病気は、

『女性性機能障害』

と呼ばれていて、注意が必要です。

生理中のセックスが原因で、病気になるのは本末転倒ですので、慎重な判断が求められます。

まとめ

生理中のセックスで発生するリスクは、

・妊娠する
・セックス中に出血する
・感染症にかかってしまう
・生理痛が増したり女性特有の病気になる


の4つです。

生理中だからといって、絶対にセックスをしてはいけないわけではありません。

しかし、女性の身体にはさまざまな負担がかかってしまいますし、男性側にもリスクがあるので、慎重な判断が必要なのです。

生理中のセックスは、リスクを十分知ったうえで、しっかりと配慮をして楽しむようにしてくださいね。

オススメのマッチングアプリ

関連記事

セックス前に生えかけのムダ毛を処理する3つの方法とNG手段

セックスのときに生えかけのムダ毛が気にならないようにするには、処理方法を工夫する必要があります。方法によって…

家デートでセックスする方法|彼氏をその気にさせる7つのテクニック

彼氏と家でデートをするとき、セックスを期待する女性は多いでしょう。しかしタイミングが合わず、できないこともあ…

理想の異性との出会いを実現する|おすすめのマッチングアプリ10選

編集部がおすすめしたい『優良なマッチングアプリ』を厳選してご紹介しています。

リベンジポルノを回避!撮らせないために知っておくべき6つの対策

リベンジポルノは女性にとって、非常に怖いことです。また誰にでも起こり得る恐ろしい復讐だといえます。そこでリベ…

心が繋がるセックス|日本と海外の違いと実践したい3つのポイント

恋人とのセックスに不安や不満が出てくると今後の2人の関係にも不安が生じます。快楽を求めるだけではなく、心から…

アニメオタクな男性のセックスの特徴6つ|空想に魅了される男の実態

根暗なイメージの強いアニメオタクな男性ですが『アニメが好き』ということを除けば普通の男性です。むしろアニメで…

コロンビア人女性のセックスの特徴6つ|ミスコン大国の陽気な性事情

コロンビアは、世界中のミスコンへ名を連ねることで有名な、世界有数の美女大国です。そんなコロンビア人女性は、一…

セックス前に処理したい!自分では気づきにくいうぶ毛の処理方法

彼に嫌われないために、セックス前にうぶ毛を処理したい女性のために、処理しておくべきうぶ毛の箇所と、処理方法を…

セックスで気になる足のムダ毛|スベスベにする理由と4つの処理方法

足のムダ毛の処理を剃るだけで満足していませんか?じつは、足の毛を剃って見た目だけよくするだけでは喜ばれません…

相撲取りのセックスの特徴5つ|八百長なしのリアルな重量級の性生活

「スー女」という言葉があるくらい、最近は女性のあいだで相撲人気が高まっています。一度は相撲の力士と体の関係を…

女性が同僚とセックスする4つのメリットと注意すべきデメリット

同僚男性とのセックスはスリリングで興奮しますよね。しかし、その関係にはメリットとデメリットがあります。そこで…

セフレを好きになったときの対処法|本命になる難易度とポイント

セフレの関係ではお互いに恋愛感情がないことが普通です。しかし、セックスの回数を重ねていくと、どちらかが好きに…

女性の性癖がわかる|チェックすべき特徴とおすすめするセックス

新しい彼女とのはじめてのセックスには不安がありますよね。しかし、事前に性癖を見極めることができれば、心の余裕…

セックスしたい男性の性欲解消におすすめする手軽な4つの対処法

男性は、どうしてもセックスをしたいという衝動にかられるときがありますよね。そんなときに、性欲を解消するために…

イタリア人のセックスの特徴9つ|野外でも求め合うタブーなしの性欲

イタリア人はオシャレで情熱的なイメージがありますが、そのセックスはどうなのでしょうか。気になる方に、大胆なイ…

プロ野球選手のセックスの特徴6つ|現地妻と楽しむ繊細な肉体派

プロ野球選手は人気、知名度、年収などの面で、スポーツ選手の中でトップクラスです。女性なら誰しもプロ野球選手と…

知っておけば安心!不安なく初体験を迎えるための当日/前日の注意点

いつか訪れるであろう彼との初セックスのことを考えて、不安になっていませんか?処女の女性であればなおさら不安は…

はじめてのラブホテル選び|女性が知っておきたい8つのポイント

はじめてのラブホテルはどんな場所を選んで良いのか戸惑うものです。そんな女性に、おすすめのラブホテルについて紹…

カナダ人女性のセックスの特徴7つ|喜怒哀楽が激しい癒し系の性生活

明るく陽気な人柄であるカナダ人女性は、恋愛にもセックスにも前向きで積極的です。今回は、そんなカナダ人女性のセ…

元カノをセフレにする方法|口説きのテクニックとゲスく継続するコツ

特定のパートナーがいない男性が、性欲を解消するための方法として「元カノをセフレにする」という選択をするための…

同僚の男性とセックス|会社でバレずに関係を継続するポイントと対策

会社の同僚と体の関係を持ってしまったら、今後は周囲にバレないように考えて行動していかなくてはなりませんよね。…

ミュゼプラチナム

アクセスランキング

人気記事ランキング

コロナで自粛中の出会いと恋愛