たまには「いっしょに歌舞伎を観にいこう」なんて、渋くデートに誘ってみたいですよね。

しかし、歌舞伎は格式高く難しそうなイメージがあり、二の足を踏んでいませんか?

日本の伝統芸能である歌舞伎は、重要無形文化財に指定されていますが、元々は庶民の文化であり、実は意外と親しみやすいものなのです。

あらかじめすこし知識をつければ、生の舞台をさらに堪能することができます。

そこで今回は、歌舞伎デートを楽しむための知識とマナーをご紹介します。

貴重な体験を共有して、記憶に残るデートにするために、参考にしてくださいね。

(※この記事は、2018年1月時点での情報を参考にしています)

歌舞伎デートを盛り上げるための予備知識

今まであまり歌舞伎に触れたことがない人は、デートに誘うにも誘われるにも、多少の予備知識を入れておく必要があります。

歴史や大まかな全体像を知ることによって、個々の演目や演出がよりいっそうおもしろく感じられるのです。

歌舞伎の歴史と女形

派手な着物で歩いたり奇抜な格好をしたりする人を「傾き者(かぶきもの)」といい、それが歌舞伎の語源だといわれています。

400年ほど前、女性たちによる「かぶき踊り」が流行したのがはじまりで、当時は女性が男役を演じていました。

その後、十代の少年たちによる「若衆歌舞伎」が人気を得ましたが、風紀を乱すとして禁止になり、成年男子が演じる現在のような「野郎歌舞伎」へと変遷しました。

そこから、娘や姫を演じる女形や男性役の立役が発展していったのです。

歌舞伎の主な劇場と屋号

歌舞伎の劇場として最も有名なのは、東京の歌舞伎座です。ここは歌舞伎の殿堂として1年を通して上演しています。

ほかには、

・国立劇場(東京)
・新橋演舞場(東京)
・松竹座(大阪)
・南座(京都)
・博多座(福岡)

などで歌舞伎の公演がおこなわれます。

また、歌舞伎役者には一族ごとに、

・成田屋(市川海老蔵など)
・高麗屋(松本幸四郎、市川染五郎など)
・松嶋屋(片岡愛之助など)

といった屋号があります。

歌舞伎デートを楽しむ方法とマナー

歌舞伎を観たことがない人は、チケットの種類や購入方法すらわからないですよね。

実際に歌舞伎を観に行く前に、基本的な知識と観劇のマナーをおさえておきましょう。

公演情報とチケット

いつどこで、どんな演目の公演があるかは、歌舞伎公式サイトなどのほか、各劇場のHPに掲載されています。

歌舞伎のチケットは、一般的なコンサートなどと同じくプレイガイドのウェブ上や電話で買うことができます。

座席は、一段高くつくられた最も上等な席を桟敷席といい、次いで一等席、二等席、三等席、と呼ばれます。

三等席であれば3,000〜4,000円ほどで観られる公演もあります。

歌舞伎の幕間と一幕見席

歌舞伎は、1つの公演で4〜5時間ほどかけて、3,4演目が上演されます。

幕間(まくあい)と呼ばれる休憩時間があるので、幕間にはそれぞれの劇場名物の定食やお弁当を食べたりして、劇場全体を楽しむことができます。

1公演すべて見るのではなく、すこしだけ歌舞伎を見てみたいという程度の人は、「一幕見席」を購入してみましょう。

当日券のみですが、好きな演目を1つだけ選び、1,000〜2,000円ほどで観劇できます。

初心者向け演目とイヤホンガイド

最初に見る演目で歌舞伎の印象が決まるため、初心者には筋が分かりやすく楽しめる演目がおすすめです。

なかでも人気なのは、

・『勧進帳』
・『弁天小僧』
・『助六所縁江戸桜』
・『曽根崎心中』
・『東海道四谷怪談』

などです。

いずれも、大まかなあらすじを理解した上で、イヤホンガイドを利用して役者の情報などの解説を聞きながら観劇すると、より深く楽しむことができます。

歌舞伎での服装とマナー

本来庶民の娯楽である歌舞伎ですから、観劇する際の服装に堅苦しい決まりはなく、カジュアルな格好でも問題ありません。

ただし、桟敷席などの上等な席は他のお客さんからよく見える場所なので、気合をいれてオシャレをしていったほうが、気持ちが盛り上がるでしょう。

公演中は、ほかのコンサートや観劇と同じく、

・音を立てる飲食
・携帯電話の使用
・写真撮影

などは禁じられています。

舞台への掛け声

歌舞伎の観劇でよく見るのが、

「音羽屋!」
「日本一!」

などの舞台への掛け声です。

これは、大向う(3階席)の常連客がしていたことから、掛け声や声を発する人を歌舞伎用語で「大向う」といいます。

ただ、声をかける言葉やタイミングには細かなルールがあるため、3階席に座っていたとしても、初心者はチャレンジしないほうが賢明です。

まとめ

歌舞伎デートを楽しむためには、

・公演全部をじっくり見るか、一幕見席にするか
・演目は筋が分かりやすく楽しめるものを選ぶ
・服装はカジュアルでも大丈夫
・ほかの観劇と同じく、席での飲食や携帯電話の音に配慮する
・舞台への掛け声は通にまかせる

などのポイントをおさえておきましょう。

ときには日本の伝統に触れられる、渋いデートをして、デートの幅を広げていってくださいね。

関連記事

⾳楽の話題で盛り上がりたい|20代の⼥性が好きなアーティスト5選

身近な話題としてとりあげやすいのが、音楽の話です。しかし、自分が音楽に疎かったり、ジェネレーションギャップで…

20代カップルのドライブデートを盛り上げる曲|邦楽&洋楽10選

ドライブデートをBGMで盛り上げたい20代カップルのために、ムードを後押ししてくれるノリのよいおすすめ曲をご…

デート中の彼をチェック!コミュニケーション能力がわかる彼の言動

彼のコミュ力が高ければ、良好な関係が築けますし、友達にも安心して紹介できますよね。今回は、デート中にコミュニ…

家デートで間違いなく盛り上がる!おすすめの洋画&邦画DVD10選

休日にゆっくりと、2人の価値観を共有できて雰囲気が盛り上がる、家でのデートにおすすめする邦画と洋画のDVD作…

はじめての自転車デート|サイクリングで女性に必要な3つの準備

彼氏との自転車デートを安全にたのしみたい女性のために、必要な準備と気をつけるべきポイントを3つにしぼってご紹…

初めてのボーリングデートで男性が気をつけたい7つのこと

彼女との初めてのボーリングデートで、かっこ悪い姿を見せたくない男性のために、男性が気をつけるべきポイントを紹…

年上男性との食事デート!失敗しないために必ず守りたいマナー6選

年上男性と食事デートするなら、気をつけておきたいのがマナーです。テーブルマナーを守るだけでなく、年上男性に敬…

彼女とはじめてのラブホテル|満足させるための準備と方法

彼女とのはじめてラブホテルは、何かと緊張しますよね。そこで今回は、失敗しないための方法と心構え、そして具体的…

気になるあの人との初デートに動物園を選ぶべき6つの理由と注意点

動物園デートは、初デートにこそおすすめしたいデートスポットです。そこで今回は、動物園デートをおすすめする理由…

食べ歩きデートを成功へ導く4つの必須アイテムと準備のポイント

食べ歩きデートでスマートに”できる男”を演出するために、必要な持ち物と食べ歩きデートの注意点を抑えておきまし…

こんな男性は無理!女性がデートを断りたくなる男性の6つの特徴

デートに誘っても断られることが多い男性は何がいけないのでしょうか?女性がデートは無理だと感じる男性の特徴をご…

ラブホテルの初めてエピソード|SNSからわかるリアルな声とは

周囲から閉ざされていて、外からは様子がわからないラブホテル。初めてラブホテルに行ったときのリアルなエピソード…

女性の心をつかむ!カラオケデートで男性が歌うべき曲10選

女性とのカラオケデートで何を歌うべきか悩む男性のために、カラオケデートを成功させるための選曲と気をつけるべき…

表面より質を重視!30代女性が喜ぶラブホテルの特徴と選ぶ際の注意点

30代は知識も経験も豊富な女性が多く、下手なラブホテルを選んでしまうと、それだけで「ナシ」と判定されてしまい…

映画デートを成功させる方法|作品の選び方と映画デートの注意点

映画をいっしょに観ると話題を共有できますが、デートに適した映画のジャンルとそうでないものがあります。映画デー…

家デートでキスをするタイミング|自然なシチュエーション6つ

家でのデート中は、キスができるタイミングがたくさんあります。そこで今回は、家でデートするときのプランごとに、…

初デートにお花見が最適な3つの理由と女性らしさをアピールする方法

初デートにはどこへ出かけようか悩んでしまうものですよね。いつでも行けるありきたりな場所もよいですが、桜の季節…

もっと仲良くなりたい!付き合いたての恋人を自然にデートに誘うコツ

たとえ恋人でも、付き合いたての頃は相手をデートに誘うのにも緊張してしまったりします。そんなときのために、自然…

富士急デートを成功させたい!男性が準備するべき7つのこと

富士急デートを成功させたい男性のために、事前に調べるべきこと、用意しておくべき物などを7点ご紹介します。

ドライブデート成功のコツ|女性が意識したい6つの気遣い

スムーズに楽しく、充実したドライブデートをするために、女性が身につけておきたい気遣いと準備をまとめてご紹介し…

関連するキーワード

アクセスランキング

人気記事ランキング

【特集】ラブホ女子会が熱い